ドイツのオリエンの大会に行ってきたの巻

 

どうも、いとぅーです。

 

3ヶ月ぶりでしょうか。ご無沙汰しています。ドイツは長いがようやく終わりがやってきました!!!あの陰湿な京都みたいな冬が終わったと思うと本当にもう清々しい!

ただ日差しが強いので半袖じゃないと暑いですね。春を通り越して気分的には夏ですよもう(日本ほど不快な暑さではないけど笑)。

 

さて、本題の話に移りましょうか。先週末は初めてドイツのオリエンテーリングの大会に参加してきました。今回はゲッティンゲンから車で40分ほどのSeesanという街であった大会です。大会名はHarzCupでHarzという山で行われるツアー戦らしく、今年の第1戦目だそうです。関係者にメールなどをしながら、いろいろツテを探して交通を確保することができました。

 

大会の人数としては80名程度で小学生ぐらいの子供からお年寄りまで老若男女幅広く参加していました。一番人数の多いクラスは高校生?クラスでそれでも10人程度なのでかなりこじんまりした大会です。それでもいろんな地域クラブから参加しているので、そこまでオリエンテーリングが盛んではないドイツでも地域クラブが多いんだなと感じました。

僕は今回体力的に不安があったので、H21K(男子21歳以上の短距離の部)に参加しました。HはHerrenで男、KはKurz(短い)でコースの距離は5kmでした(ついでに長い方は9km近くありました)。基本的なレースの流れは日本の大会と一緒なのでそこまで戸惑うことはなかったですね。レース前になんか注意事項を説明されたけどほとんどわからず、とりあえず「Alles klar!!」と元気よく言っておいた笑。

f:id:ryoito5296:20180424041133j:plain

 

コースの感想としてはとにかくしんどい。感触としては愛知と矢板ミックスみたいなな感じ。下草はほとんど無くて見通しはいいけど代わりにベリーのいばらに悪戦苦闘。これがなかったら大分マシになった、ゼッタイ。そしてなにより登るのがきつい(最初に言ったけど)。そこまでルートチョイスもなく、とりあえず走りつづけたといった感じ。

 

結論:この山はクソ オリエンには向かない。

f:id:ryoito5296:20180424041052j:plain

f:id:ryoito5296:20180424042542j:plain

 

結果としてはクラス内1位ということで表彰されてしまいました笑 表彰式では遠い日本からわざわざやってきた珍しい人(たぶんそんなニュアンス)ということでかなり大々的に表彰され、なぜかコースの感想まで言う羽目に(さすがに話すのは英語でしたけど)。でもみんな温かい拍手を送ってくれたので正直安心しました。子どもたちはお菓子とかをもらったけど大人は年を取りすぎているということで無し。ちょっと期待していただけに残念。

f:id:ryoito5296:20180424054113j:plain

 

会場にはカフェも併設されていて、みんなレース後にはシュニッツェルやコーヒーを頂きながらルート検討していました。僕はお金があまりなかったのでファンタで我慢(それでも1.7ユーロもした。高すぎちゃん)。でも雰囲気は楽しめたので良かったです。

f:id:ryoito5296:20180424041412j:plain

 

この後ドイツの大学選手権(インカレみたいなの)に誘われてしまったので、5月末にゲッティンゲン大学の選手として出場するかも。それもまたブログで書きます。場所はPassauというオーストリアとの国境付近にある街なので観光的には楽しそう(オリエン的には未知数)。

 

では、また。

ベルリン旅行

どうも、いとぅーです。

 

2018年最初の投稿です。今年もどうぞよろしくお願いします。去年よりも頻度を上げて更新していきたいと思いますが、なにせ面倒くさがり屋の性格なものでたまに放置するかもしれませんが、まあ温かい目で見てください笑

 

さて、休暇中ずっと家にいるのも退屈ということで、同じく実家に帰らず退屈にしているクラスメートと一緒に1月2日から4日までベルリン観光をしました。感想:さすが首都、といった感じでした。

 

1日目。ベルリンまではまずハノーファーまで電車で移動、そこからは「BlaBlaCar」というサービスを使って、他人の車に同乗してもらって移動しました。半分ヒッチハイクみたいなものですが、事前にネットで連絡して手配するという点は違いますね。値段も1人15ユーロと、かなりお得。電車やバスで行けば確実にそれ以上の値段が必要になるので、学生にとっては有り難いシステムです。日本にあるかどうかは分かりませんが、ドイツではポピュラーらしいです。海外旅行で来る時も使えると思いますので、ぜひ使ってみては??

f:id:ryoito5296:20180107023547p:plain

 

4時間ほどでベルリンに到着。着いたのが8時前だったのでそのまま夕食へ。夕食は事前に調べておいた日本人経営のラーメン屋さん。デュッセルドルフにあるお店の2号店でかなりこじんまりしていました。日本から空輸して麺を仕入れているみたいで、食べたらしっかりした味噌ラーメンでした。友達は担々麺を頼んでいたけど、辛さが足りずラー油やら七味をこれでもかとかけまくっていました。

f:id:ryoito5296:20180116045717j:plain

 

2日目の午前中は3時間くらいの無料ツアーに参加して観光スポットを回りました。ブランデンブルク門ベルリンの壁など有名所を始め、調べていなかった観光スポットも回れて面白かったです。午後は中心部をぶらぶらしつつお土産などを購入。友達がとにかく歩くのが好きなので電車を使わずひたすら徒歩で4,5時間歩いたので、最後らへんは足が棒になっていました笑

f:id:ryoito5296:20180116045802j:plain

 

f:id:ryoito5296:20180116045828j:plain

f:id:ryoito5296:20180116045856j:plain

3日目はペルガモン美術館に行ってきました。そこは古代メソポタミア文明ギリシャ・ローマの遺跡などから出土された物を展示していて世界史が好きな自分としては結構勉強になりましたが、友達はイマイチだったみたい。自分が友達に解説していたらガイドと間違われるという珍事も…笑

f:id:ryoito5296:20180116050121j:plain

f:id:ryoito5296:20180116050125j:plain

f:id:ryoito5296:20180116050113j:plain

 

帰りは高速バスでゲッティンゲンまで帰還。こちらも15ユーロでお得。バス内はWiFiも使えますし、シートも日本よりもゆったりしていて快適でした。

今回の3日間の旅行では行けなかった場所を中心に次回来たときは観光しようと思います。

 

では、これで。Tschüss!

2017年が終わる前に締めなければ

どうも、いとぅーです。

 

10月10日の投稿を最後に2ヶ月以上ブログを放置していました。楽しみにしていたみなさん、すみません…本当はこの2ヶ月にあったことを書くべきなのでしょうが、来週以降にこっそり更新する予定なので、興味ある人はチェックしてもらったらなと思います。

2017年もあと1日となってしまいました。みなさんにとって2017年はいかがでしたでしょうか。自分も振り返ってみるといろいろありました。夏までは京大OLC(オリエンテーリングクラブ)のコーチとして(3月まで監督→4月から特別コーチ)、いろいろと活動していました。後輩の頑張る姿を見て自分もエネルギーをもらっていました。

 

そして9月からはドイツでの留学生活が始まり、刺激的な毎日を送っています。3ヶ月が経ちましたが、英語・ドイツ語でのコミュニケーションも少しづつ向上してきているかなと感じてきていて、これからも更に磨きをかけたいと思います。また12月からは日本語を勉強しているドイツ人の人と週1回1時間くらいおしゃべりしていて、改めて日本語を教えるのって難しいなと思っています(ドイツ語もそれなりに難しいけど…笑)。

天気は冬になってからはまるで京都の様な天気で毎日曇りもしくは雨もしくは雪といった有様で、気分もどんよりしがちです笑 なので体を動かしたり、外に出かけたりして気分転換をしています。僕の場合外に出かける動機のメインはサッカー観戦です。今年はドイツで3回スタジアム(2回はハノーファー、1回はミュンヘン)に行きましたが、冬場の観戦は結構しんどい…クリスマスもお世話になっている先生のところで夕食をいただいたり、クリスマスの歌を歌ったり教会のミサに参加したりと十分楽しめました。

 

2018年の抱負は「チャレンジ精神を忘れない」です。学業では自分の専門と関連しそうなものはもちろんそうでないものにも積極的に関わっていこうと思います。ドイツ語も恥ずかしからずまずは話す!話さないと上手くならない、と毎日嫌というほど思い知らされます。

またヨーロッパのオリエンテーリングの大会にも少なくとも1回は行きたいと思います。7月には京大の後輩達がスウェーデンでの大会に参加するということなのでそれに乗っかって参加しようと思います。シティーレースも面白そう。

 

とまあこんな感じでいつもの様にまとまりの無い文章でした。また来年もブログ更新していきますので、よろしくお願いいたします。

ではここで、Tschüs!(ドイツ語でじゃあねという意味です)

ビール工房

どうも、いとぅーです。

 

昨日は大学のExcursionでゲッティンゲンの近くにあるWitzenhausenという街にあるビール工房に行ってきました。午前中は修士コースの説明会があり、そのままクラスメート数人とメンザ(大学食堂)で昼食を取り、そのまま駅まで行きました。しかしみんな相変わらずでかい笑

 

Witzenhausenの駅はゲッティンゲンから電車で25分で行けます。学生証があればタダで行けます(他にもハンブルクブレーメンヴォルフスブルクといった都市にも無料で行けます)。

 

街並はこんな感じ。静かで良さげな街です。

f:id:ryoito5296:20171010154542j:plain

 

 

ツアーは30人位で、自分のいる修士コースとは別のところの学生さんも参加していたようです。集合場所から徒歩15分くらいでビール工房に到着。

f:id:ryoito5296:20171010154559j:plain

 

工房のおじさんがまず最初にみんなにビールを配り始める。しかも無料で笑 種類はというとドイツ語ではDunkel、色の濃い濁ったビールでした。香ばしい香りと味が特徴でとても美味しい。チーズか焼いたソーセージが欲しいところでした。クラスメートのドイツ人に誘われて2杯も飲んでしまった。ついでにそのドイツ人は余裕の表情で3杯目もいっていた。恐るべしドイツ人…

f:id:ryoito5296:20171010154850j:plain

おじさんはビールの歴史から工房でのビールの作り方まで、丁寧に「ドイツ語で」解説して、そのたびにチューターの人が英語で通訳するという流れでした。この工房ではなんと8種類のビールを作っているそうです。個人経営でここまでできるのはすごいと思います。ビールの作り方の勉強をしたあと、大学で経営の勉強もしていたそうです。熱心な方なんだなという印象です。

f:id:ryoito5296:20171010154859j:plain

 

ビール工房の見学の後は、工房がビールを提供しているというレストランで食事をしました。自分は「Bio-Weizen」を注文。とにかく味が濃い。日本でもヴァイツェンクラフトビールはあるけどここまで味が濃いのは試したことがなかったです。香りよりも味がとても印象に残りました。一緒に頼んだジャガイモのスープの塩気もビールとの相性抜群でした。

f:id:ryoito5296:20171010154401j:plain

 

ドイツには他にもビール工房がたくさんあるので、いろいろ回ってみようと思いました。

ゲッティンゲンでの暮らし事情③(スーパー編)

どうも、いとぅーです。

 

事務手続きやらでしばらく更新が途絶えていました。平日は忙しくて書く題材だけが溜まっていく一方です…笑

さて、前の投稿で(確か)予告した通り、今回はスーパー編です。ゲッティンゲンに来て1ヶ月経ちますが、スーパーの数が結構多い。一般的なスーパーだけでなく、Bio製品を主に扱ったスーパー、アジア食品を扱ったスーパーもあります。

 

頻繁に利用しているのは「REWE」というごく一般的なスーパー。ルームメイトに最初に案内されたので使っています。他にもNettoとかLidlという名前のスーパーがあります。

スーパーに通って感じたのは、ソーセージ、ハム、チーズなどの乳製品はもちろん、野菜や果物などの生鮮食品が安い!!日本だと旬の時でも果物は結構お高いけど、こっちでは比較的手の届きやすい価格で買えます。500gのぶどうが1.3ユーロ(日本円で170円)と超お得なので毎週買っています笑 たぶん日本だと一房300円~500円とかするんじゃないかな。野菜・果物は基本量り売りなので備え付けの袋に入れて、重さは近くに計りがあるので、重さの調節はできます。

f:id:ryoito5296:20171007170156j:plain

 

 

そしてたまにこうやって安売りしているときがあるので、その時は多めに買ったりしています。

 

f:id:ryoito5296:20171007170204j:plain

こちらがハム・ソーセージのコーナー。とにかく種類が多い。ソーセージも太さによってWurstとWürstchenと2つあってWurstは輪切りにすると日本のハムと一緒の大きさです。日本で一般的に売られているソーセージはドイツで言うWürstchenに当たると思います。

f:id:ryoito5296:20171007170200j:plain

 

 

そしてこちらがチーズのコーナー。チーズも安いのでほぼ毎日食べています。高めのチーズは別のケースに収められて入て、グラム単位で注文したい場合はスーパーの人にお願いしてカットしてくれます。

f:id:ryoito5296:20171007165958j:plain

そして、日本食材のコーナーもあります。お米も買えます。こっちでは「Sushi-rice」という名前で売られています。海苔巻き用の海苔も巻き簾もあります←これはちょっと感動した笑 

f:id:ryoito5296:20171007170157j:plain

カップ麺もあります。さすが日清ブランドといったところです。味は若干こっちの好みに合わせているのかなと思いますが、美味しいですよ!

f:id:ryoito5296:20171007170135j:plain

f:id:ryoito5296:20171007170147j:plain

ただここよりもアジア食品店の方が安いし扱っている種類も多いです。アジアショップについてはまた別投稿で書きたいと思います。とりあえず、日本食は基本なんでも買えます!笑

 

ではまた、ほそぼそと更新していきます。

ゲッティンゲンでの暮らし事情②(住民登録・EMS編)

どうも、いとぅーです。

 

ドイツに着いて1週間が経過しました。時間の経過がゆっくりに感じます。天気はしょっちゅう変わるので、折り畳み傘が手放せません。

 

昨日の午前中は、住民登録の手続きとEMSで日本から送った荷物を取りに行きました。

住民登録(ドイツ語でAnmeldungと言うらしい)はビザを取得したり、銀行口座を開設するために必要な「非常に」重要な手続きなので、これだけは早めに終わらせようと思ったのですが、何やかんやいろいろあって結局今日行くことができました。必要な書類は単純で、パスポートと住居を証明する物(市役所のネットにフォームがあるので、大家さんの住所とかを記入してもらう)の2つだけです。後は市役所に行って申請するという流れです。

朝8時30分ちょうどに行ったらすでに多くの人が申請のため待っていました(20人?ぐらい)。留学生と思しき人もちらほら。整理券をゲットして待つこと1時間30分、ようやく自分の番が回ってきたました。所定の部屋に行って書類一式を受付のお姉さんに渡します。パスポートの中身について聞かれ、あと簡単な質問をいくつか(独身なの?どこの大学に入るの?など)聞かれあっという間に住民票をゲット!待ち時間の割にはあっけない笑 根掘り葉掘り聞かれるのかなと緊張していましたが、案外そんなこともなかったです。

 

住民登録を済ませた流れで、そのまま荷物の受取に行きました。ただ取りに行く場所がゲッティンゲンの税関(Zollmat)で手紙が来た時は全部ドイツ語でちんぷんかんぷんでした。ルームメイトに頼んで電話してもらったところ、書類を持っていけばいいみたいらしく、商品ではなく身の回り品であることを強調すれば大丈夫というアドバイスをもらいました。ということで書類片手に40分かけて税関に向かいました。

オフィスについたら「荷物受け取りたい」と英語で言ったらマッチョなお兄さんがやって来て書類をちょうだいと言ってきました。素直に渡すと荷物を持ってきてくれて、「中身を見せて」と言われたので、中身を見せたらダンボールの奥の物まで見ずに表面だけを見て「いいよ、これ新品じゃないよね?じゃサインちょうだい」と言って終了。市役所の受付の人もそうだが優しくて本当良かった笑 ただ帰りダンボール抱えて家まで帰るのは少し恥ずかしかった…

 

次回はスーパー編かな笑

 

P.S. 近くを流れるライネ川(ライン川ではなく)。鴨川よりは川幅は狭いけど、ランニングするにはいいかも

f:id:ryoito5296:20170914200104j:image

 

 

ゲッティンゲンでの暮らし事情①(SIMカード編)

どうも、いとぅーです。

 

ゲッティンゲンに着いて3日目です。日本と違うところがいっぱいあって慣れるのに時間がかかりそうです(時差ボケもあいまって買い物するだけで疲労困憊)…笑 しばらくはこちらでの暮らしで感じたことをシリーズにしてまとめようと思います。

 

第1回はSIMカード編。日本でも最近いろんな会社からSIMカードが出てきてますが、ドイツではスーパーで買うことができます。大手の会社では住民票や銀行口座を開いたりと結構面倒だったりしますが、スーパーで買えるものは手軽で使いやすい!

はずだったのですが、、、現実は甘かった。

 f:id:ryoito5296:20170909222459j:image

 

面倒な点その1:使用言語は全てドイツ語(ルームメイトに頼んで訳してもらう)

面倒な点その2:使用者を認証するためにビデオ通話をしなければならない(ここだけ英語OKだったのでよかったが、これがドイツ語のみだったらと思うと恐ろしい笑)

 

とまあこんな感じで結局開通させるのに2時間近くかかりました(大半がビデオ通話の待ち時間でしたが笑)。とりあえずWi-Fiなしの環境でもスマホが使えるようになったので一安心。月1GB+電話(SMS)300分ついてで8ユーロ(日本円で1100円弱)と家にWi-Fiがあることを考えれば十分ではないかと思います。しばらくはこれでやっていって他に良いSIMがあればそれに乗り換えようかなと考えています。

 

P.S. 部屋の外からの景色。中心街の家はほとんど赤屋根でまさしくヨーロッパって感じです。

f:id:ryoito5296:20170909222506j:image

 

ではまた。